若年者ものづくり競技大会

若年者ものづくり競技大会とは

若年者ものづくり競技大会は、若年者に目標を付与し、技能を向上させることにより、若年者の就業促進を図り、併せて若年技能者の視野の拡大を図ることを目的に、技能を習得中の企業等に就業していない20歳以下の若年者を対象に開催される全国規模の競技大会です。

※詳細については・・・中央職業能力開発協会ホームページ

平成30年の第13回大会には、佐賀県からは佐賀県立産業技術学院、佐賀県立佐賀工業高校から4職種5名の選手が出場し、2名の選手が入賞しました。

入賞者

成績 職種 氏名 所属
敢闘賞 フライス盤 橋本宣明 佐賀県立産業技術学院
電気工事 須藤幹太 佐賀県立産業技術学院

伝達式について

平成30年9月3日(月)に佐賀県庁において、第13回若年者ものづくり競技大会の伝達式が行われました。

 

【参考】

開催日程(平成30年度)

会場

石川県産業展示館、ポリテクセンター石川、ポリテクセンター中部、小松産業技術専門校

日時

平成30年8月1日(水)、2日(木)

主催

厚生労働省及び中央職業能力開発協会

競技職種

下表の15職種が実施されます。

NO 職種名 NO 職種名
1 メカトロニクス 9 自動車整備
2 機械製図(CAD) 10 ITネットワークシステム管理
3 旋盤 11 ウェブデザイン
4 フライス盤 12 業務用ITソフトウェア・ソリューションズ
5 電子回路組立て 13 グラフィックデザイン
6 電気工事 14 ロボットソフト組込み
7 木材加工 15 造園
8 建築大工    

参加資格等

第13回若年者ものづくり競技大会募集要項

大会の参加資格は、以下に示す「(1)全職種共通の参加要件」のいずれにも該当する者であり、かつ、参加を希望する職種について「(2)職種ごとの参加要件」に示す事項を全て満たすものとします。

(1)全職種共通の参加要件

全競技職種とも、参加資格対象者は、原則として、次に示すイ、ロ、ハ、ニのいずれにも該当する者とします。

イ. 日本国内の職業能力開発施設、工業高等学校等において技能を習得中の者であること。
ロ. 企業に就職していない学生、訓練生等であること。なお、次の者は参加を認めない。

  • 企業等への就職経験者(競技職種にかかわる職種に限る)
  • 大会開催時に就業していることが見込まれる者

ハ. 当該職種への参加に相応しい技術を習得していると認められる者であること。
二. 所属施設長が大会出場について、了承をした者であること。

(2)職種ごとの参加要件

参加を希望する職種について、要綱に示す要件を全て満たす者。

大会参加費

選手1人当たり、一定額の参加費(3,240円/人[消費税込)を徴収します。